家庭でも食中毒は起こる原因と対策

ビル

急に腹痛や下痢、おう吐などの症状が出たことがありませんか。
食中毒は飲食店などで食べる食事だけではなく、家庭での食事でも発生しています。
家庭での食中毒を防ぐのは食材選びや調理に気をつけて下さい。
主な原因は、「細菌」と「ウイルス」です。
どちらも目に見えないのでわからないです。
細菌は温度と湿度などの条件がそろうと、食べ物の中で増殖して、その食べ物を食べたことによって起こります。
ウイルスは低温や乾燥した環境の中で生存します。
食べ物の中では増殖しませんが、体内に入ると腸管内で増殖して起こります。
家庭内での食中毒の予防対策は次の事に気をつけましょう。
買い物に行ったら消費期限を確認して、肉や魚など生鮮食品はなるべく最後に買うと良いです。
買い物が済んだら早めに家に帰って食品を冷蔵庫に保管します。
冷蔵庫の温度は10度以下、冷凍庫の温度は15度以下を保つようにします。
調理をする前は、必ず石鹸で手を洗います。
肉や魚を調理したときは、その都度手を洗いましょう。
包丁やまな板なども、肉や魚を切ったらすぐに洗うようにしたほうが、菌の増殖を抑えることができます。
調理の時は、肉や魚は充分に加熱しましょう。
食べる前も手洗いを忘れずに、食べ残しも早めに冷蔵庫に保管するか、思い切って捨てて下さい。
もし、おう吐や下痢などの症状が出てしまったら市販の薬に頼る前に、早めに医師の診断を受けましょう。

映像編集はお任せください。

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

細菌を増やさないことが重要です

梅雨の時期になると細菌性の食中毒が増加しますが、それは気温が上がり細菌が増えやすくなるからです。

葉っぱ

調理時にも気をつける

夏に増えるのが細菌によって起こる食中毒ですが、ウイルスによっても起こるため、予防することは重要となり

ほほえむ女性

食材の保管に注意が必要

O157などの細菌性食中毒は予防することが可能なため、家庭においては意識的に取り入れることが重要で、

髪を掻き上げる女性

予防することができる食中毒

気温や湿度が高くなる夏に発生しやすいのが食中毒で、食べ物から下痢や腹痛などの症状に見舞われやすいため